石垣島★海岸清掃日記2019年8月13日(火)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」です。毎日決まった場所、決まった時間に海岸清掃をしてみようという取り組みです。

今朝は「いつもの時間」に海に出たところ暗くて何も見えず…一度帰って出直しました。雲があったからかもしれませんが、もしかして日の出が遅くなってきている…?明日からは遅く出ようと思います。季節が少しずつ進んでいることを感じました。

見つけると嬉しい海ゴミ、ヤシの実!取ろうと近づいたらナントッ!ヤドカリのお食事中でした。

裏面も!
ヤシのどういう部分をどう食べているのかよくわからないですけど、美味しいんでしょうか。こうやって生き物が食べているところを見ると、こういうのは「自然に還るゴミ」なのかな…と少し思いました。

こういう細かいプラスチック片をひとつひとつ拾っています。青いと、目立っていいなあと思っています。

いつも不思議に思っているのが、植物の下に入り込んでいる発泡スチロールです。毎日拾っているので「前日にはなかったゴミ」なんです。それなのに次の日見ると植物の下に入り込んでいる…?

包装のゴミがたくさん…。ロープもたくさんありました。回収できなかった長めのロープもありました。後日回収します。外国のペットボトル…フタ…タバコの箱…浮き、発泡スチロール…そして細かいプラスチック片などです。なんだかんだで、毎日たくさん集まっています。

今日のガラス片とお宝写真です。毎日これを撮るのが楽しみになっています。今日の貝はきれいなものが多かったです。短く折れているけれど赤いサンゴの枝のようなものも…。黄色い貝をいくつか集めたりもしました。櫛のようにギザギザになっている貝の破片もありました。きれいな巻貝と、サンゴっぽい?ものも…?貝などは見る人が見るとちゃんと種類もわかるようで、知っているともっと面白いのだろうなと思い、うらやましいです。
1円玉もあり、お金を拾ったのは初めてだなと思いました。あとはお茶碗か何か、絵付けされた陶器の破片…?いろいろなものがありますね。

石垣島は今日がお盆の初日、お迎え(ウンケー)で、大変忙しく、更新が夜遅くになってしまいました。朝になったらまた海に行かないと…。

3 Replies to “石垣島★海岸清掃日記2019年8月13日(火)”

  1. お盆のお迎え ウンケー と呼ぶのですね。
    おむかえ、おむけー、うむけーとつながりそうです。
    言葉も海でつながってきたのでしょうね。

    ヤドカリが漂着木の実に付いている生態、興味深いです。

  2. 「グンバイヒルガオ」の下の発泡スチロールの粒粒。
    海岸に無数にあって、風で舞い飛んでいるんです。
    冬の季節風の石垣島北部の平野海岸では、その様子をみて、シュールですらありました。悲しい景色でしたけど。

    植物に当たると風の流速が下がるので、飛んでいる粒粒発泡スチロールがそこで落ちついたのではないでしょうか・・・

  3. どうもありがとうございます。
    植物の下に潜り込む発泡スチロールは非常に不思議です。取っても取っても毎日見つかるんですよ。
    石垣島でも北部側のほうがゴミが多いだろうと思います。9月になったら行ってみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です