BC-ROBOPとは

BC-ROBOPの設立

ビーチクリーンロボットプロジェクト(BC-ROBOP)「ロボットと市民が協力して海をきれいにする社会」を目指し、2017年4月、福岡県宗像市の市民団体、九州大学と九州工業大学の研究者、研究広報を専門とする事業者が協力して活動をスタートしました。

2018年6月には正式名称「一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会」を設立しました。
英語名称は”The Institute of BC-ROBOP Coastal Engineering”です。
この学会は、海岸清掃および海岸管理に関する学術技芸を考究し、関係するロボットに関する機器開発やロボットによる作業などロボット工学を含む海岸・海浜活動に関する技術の発展・普及と清掃活動の振興に関する活動を行い、もって国民や世界中の人々の海岸および海浜の理解の増進に寄与することを目的として、次の事業を行っています。

(1)ロボットによる海岸清掃作業の企画と実施および作業支援
(2)ロボットによる清掃技術に関する情報の提供と資料の刊行
(3)ロボットの開発、情報の収集と提供、利用の促進
(4)ロボット関連イベントの企画と実施
(5)その他、当法人の目的を達成するために必要な事業

知っていましたか?波打ち際には大量の海ゴミが打ち上げられているんです。

BC-ROBOPのメンバー

清野 聡子 (せいの・さとこ)
…プロジェクトリーダー・責任者・海ゴミの研究者。
一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会 理事長
九州大学大学院工学研究院環境社会部門 准教授

浦 環 (うら・たまき)
…プロジェクトの調整・進行を担当している。
一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会 副理事長
東京大学名誉教授
九州工業大学社会ロボット具現化センター 前センター長
一般社団法人ラ・プロンジェ深海工学会代表理事
(株)ディープ・リッジ・テク代表取締役

林 英治 (はやし・えいじ)
…研究室メンバーと共にビーチクリーンロボットを開発している。
九州工業大学 副理事(地方大学・地域企業創生) 
九州工業大学情報工学研究院 知的システム工学研究系 教授
http://www.mmcs.mse.kyutech.ac.jp/

ビーチクリーンロボット開発を担当する九州工業大学 林研究室の学生メンバーたち。

宗像の環境を考える会
…海岸清掃の実施、市民向けイベントの実施など、地域での活動を行っている。
吉柳 隆行 理事 
吉冨 容 理事 事務局 
http://meitomu.com/archives/group/kankyou

はやのん理系漫画制作室+研究広報.com
…ロゴマークやグッズのデザイン、配布物の制作、広報活動を担当している。
http://www.hayanon.jp/
http://www.kenkyukoho.com/

市民と共に海岸清掃を行う「ウミガメくんロボット」のイメージイラスト。

CANPAN FIELDSに掲載されている 一般社団法人 BC-ROBOP海岸工学会 の情報ページもご覧ください。
https://fields.canpan.info/organization/detail/1845438967