<報告>【内閣府】「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」

一般社団法人BC-ROBOP 海岸工学会
【内閣府】「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」入会が承認されました。
地方創生SDGs官民連携プラットフォーム |地方創生SDGs・地方創生SDGs官民連携プラットフォーム・「環境未来都市」構想(内閣府) (future-city.go.jp)

「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」会員ページ

五島市八朔鼻海岸清掃イベント

日時:12月27日(日)
主催:五島自然塾
支援:五島出身の大学生達、BC-ROBOPの浦先生、いであ(株)の有志達
八朔鼻海岸は玄界灘海岸でも一番漂着ゴミが一番多い所です。いつも軽トラック数台分の海ごみです。寒さの中参加者のみなさま本当にお疲れさまでした。大学生達も入って多世代連携した活躍はこれからの過疎高齢化した玄界灘沿岸離島海岸清掃に元気もらえます。

【宗像国際環境会議】学生・漁業者・市民分科会「常若な海をめざして―海ごみ問題徹底討論」

日時:令和2年10月24日(土曜日)10時から15時
テーマ:「常若な海をめざしてー海ごみ問題徹底討論」
海をメインテーマに地球規模の環境保全について考える「宗像国際環境会議」。地元漁業者、市民、学生が海の環境保全のこれからを議論する分科会「常若(とこわか)な海をめざしてー海ごみ問題徹底討論」を開催に参加しました。
当日資料:BC-ROBOP海岸工学会の活動
配信URL:https://youtu.be/oKfbHS5m_Pw

【Save the Sea!全国の学生がビーチクリーン~宗像国際環境会議~】

大島にある宗像大社・沖津宮遥拝所下の海岸で、「全国同時学生ビーチクリーン」が10月17日に開催されました。市内外の学生約30人が、1時間かけて漂着ゴミを回収。ゴミの量は、なんと2tトラック2台分にも及び、分別したゴミで「ムナカタ大島」の地名アートにもチャレンジしました。

漂着ごみからみる海の道 (arcgis.com)

漂着ごみからみる海の道(2021年1月14日)

北九州市若松岩屋海岸清掃

北九州市若松岩屋海岸清掃「われら海岸探偵団」主催に一緒に参加しました。私達BC-ROBOPも大学生5名参加しました。ここは何時も北九州市 青少年課、港湾局と若松警察署若松保安庁、芦屋自衛隊ほかボランティアグループサーファー達も途中参加してくれます。素晴らしい活動です。

福岡県立少年自然の家 「玄海の家」子ども ボランティア サークル 「タイミング」

福岡県立少年自然の家 「玄海の家」子ども ボランティア サークル 「タイミング」イベントに参加しました。前日の『スポGOMI甲子園 福岡大会』開催で海ごみ少なかったですがマイクロプラスチックごみは多く調査しました。小学生 34名参加しました。 講師は『むなかた水と緑の会』福島会長さまです。

<開催報告とお礼>2020年7月26日(日)福岡県立少年自然の家「玄海の家」子供向けビーチクリーンイベント

2020年7月26日(日)福岡県立少年自然の家「玄海の家」で子供向けビーチクリーンイベントを開催しました。
<募集記事>
https://www.bc-robop.org/2020/07/05/2020-07-26-genkainoie-oshirase/


このイベントは 日本財団「海と日本PROJECT」助成事業として開催されたものです。

当日はビーチクリーン実施の時間にちょうど雨が降り大変でしたが、多くの子供たち、ご家族のみなさんに参加していただくことができました。新型コロナウイルス感染拡大防止に留意し、ロボット教室、おしば教室では会場の窓を全開にしてプログラムを実施しました。

前日からコロナ感染拡大の中で大変なイベントでしたがRKBテレビ放送、 海と日本プロジェクト公式YouTubeに掲載してもらえました。 本当は参加された子ども達にたくさんインタビュー予定でしたがコロナ感染拡大防止の為、 3密状況避けるためテレビインタビュー余り出来ませんでした。 しかし子ども達にも大変喜んで貰えて良かったです。!!!

作成したおしばは絵はがきとして後日参加者に届けられました。


イベント終了時には、福岡県立少年自然の家「玄海の家 」子供イベント 子ども教室参加者【海のアンケート調査】を実施しました。参加者の海や海ゴミ問題への関心についての調査を行いました。

ビーチクリーン活動は雨が降ったため短時間の実施となりましたが、宗像市環境課によると回収量は「約200kg」だったそうです。ご参加くださったみなさんのおかげで宗像の海がまた、きれいになりました。本当にお疲れさまでした。

『海岸清掃 人だから出来ること機械が助てくれること 』

日時:2020/7/16日~ 2020/7/17 日
場所:7月 16 日(木) さつき松原、7 月 17 日(金) 宗像大社沖津宮遥拝所
主催:一般社団法人BC ROBOP 海岸工学会
協力:株式会社キャニコム
内容:『海岸清掃、人だから出来ること、機械が助てくれること 』 筑水キャニコムさまのご協力で「海の日」の前に海岸清掃、今回の大雨の後の漂着ゴミ海岸岩場、ゴロタ石での少人数で効率の良い「海ごみ」清掃しました。7月の北部九州豪雨こんな大災害の時代になってボランティアの市民と助けてくれる機械が一番必要です。

さつき松原海岸清掃