石垣島★海岸清掃日記2019年8月31日(土)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」最終日です!

毎朝きれいな朝日を見ることができました。

砂の上をサササーッと走り抜けていくカニ!砂に同化した色と模様で、まるで透明な体を持っているみたいに見えます。以前から撮影したかったのですが、やっと撮れました。

今日もたくさんの漂着物がありました。履物のソール、発泡スチロール、ペットボトル、缶、ヒモ、たくさんのプラスチックのゴミ…。

今日のお宝です。何かの木の、硬い鞘に入った種がありました。どんな木なんでしょうね?マングローブの花も流れてきていました。どこから来ているんでしょうね…。割れた貝、ガラス片、タカラガイ、かっこいいカニの爪を見つけました。きれいな貝もいくつか拾いました。

ひとまずいつもの場所の清掃を終えて、防波堤の向こう側の砂浜を見てみたところ…ギャー!大量のゴミが溜まっています。台風11号の後一度も見ていませんでした。この場所はこれまで清掃の範囲に入れていなかったのですが、どうしたものか…。すべての砂浜を無限に救うことはできない、と改めて思いました。明日来て拾っちゃおうかなあ…。

今日は海の表面がベタベタして汚かったし、海藻も多かったし…。でもこういうのは、日によって違うんだな?と毎日通っているうちにわかってきました。

大物の綱などは最終日にまとめて一輪車で回収に来よう、とずっと思っていたのですが、なんと自分の車に一輪車が積めないことがわかり、断念…。ひとりっきりのビーチクリーンって、非力ですね。他の海岸清掃の機会にやってもらえたらと願うしかありません。

BC-ROBOP海岸工学会が開発中のビーチクリーンロボット…福岡県宗像市の海岸で撮影したものです

今回は1人~3人の小規模海岸清掃だったので、大物のゴミはすべて回収対象外にしていました。でもビーチクリーンロボットくんがいてくれたら、もっと大きなゴミをどんどん運べただろうと思いました。どういう場合にこのロボットくんが必要になるのか、実際の活動を通して感じることができました。いつか石垣島にこのビーチクリーンロボットを連れてくるのを目標にしたいと思います。

そういうわけで、8月1日から、台風の日を除いて毎日通った石垣島、真栄里ビーチでのビーチクリーンでした。夏休み、海岸をきれいにできて、よかったなぁ~!という達成感を感じます。実際にどんなゴミが、どのような漂着のしかたをするのかを、自分の体験から知ることができました。これからも海ゴミのことを知り、他の人にも知ってもらうための活動をしていきたいと思いました。

[過去のイベント]宗像国際環境100人会議フィールドワーク2017年8月26日(土)

[イベント開催の御礼]
2017年8月26日(土)に宗像市・さつき松原海岸で催された「宗像国際環境100人会議」フィールドワークには多数の皆様のご参加をいただきありがとうございました。
御礼とともに、会場での集合写真を掲載します。
ビーチクリーンロボットも重たい荷物運び活躍しました。

このイベントは2017年10月28日(土)・29日(日)に予定されている「第37回全国豊かな海づくり大会福岡大会」の協賛行事として開催されました。参加者は横断幕を掲げて「海と渚をきれいに」の思いをひとつにしました。

石垣島★海岸清掃日記2019年8月30日(金)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」です。毎日決まった場所、決まった時間に海岸清掃をしてみようという取り組みです。

なんか最近日の出が日に日に遅くなっていない?と思い、調べてみたところ、今日の石垣島の日の出は6:24。このビーチクリーンを始めた頃は5時台には取り掛かっていたはずなので、かなり変化していることがわかります。ちなみに今日の東京の日の出時刻は5:11だったようで、そんなに違うの?と、これもまた驚きました。

遠くにモクモクと盛り上がる雲が…。観光客がもうずいぶん少なくなってきました。夏、終わっちゃう…。

雰囲気が圧倒的に寂しいです!

この線に沿ってガラスや貝をさがして歩き回った夏休みでした。

これまで履物は多かったんですけど初めて手袋が流れ着いていました。ちょっとコワイ。今日もペットボトルが多かったです。発泡スチロール、プラスチックゴミ…レジャーシート用のペグも定番です。それから、前にも同じ形のフロートを拾ったような…。今日はちょっと元気がなかったのでこれくらいにしておきました。

お宝拾いは、ちゃんとやらないといけないな、と思ったので今日はこちらの時間を取りました。でもガラスがあまり見つけられなかった。松ぼっくりを拾ったのは初。マングローブの花。丸い溝が入ったプラスチックかと思ったらなんと天然の貝の破片!そしてきれいな貝たち…。

さて今回の石垣島ビーチクリーンシリーズは明日最終回です。これまで保留にしていた大物を運びたいんですが…?どうやって…?

石垣島★海岸清掃日記2019年8月29日(木)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」です。毎日決まった場所、決まった時間に海岸清掃をしてみようという取り組みです。

ラジオ体操が終わったらビーチに直行です。今日はちょっとだけ早く着いたような気が…?太陽が上がる前にできるだけ清掃活動をしたいです。

ポリ袋的なものを拾い上げようとしたら紫外線で分解されていてバラバラになりました。こうなると砂ごと集めないといけない…?

昨日拾えなかった、割られていたビール瓶です。今日は袋を持ってきました。かなり細かい破片まで拾いました。

葉っぱかと思ったら緑色のスプーンでした。擬態!?!?ちょっと、おもしろかったです。

これまでこの場所で清掃をしていて一番怖いゴミがついに出ました。割れている蛍光灯です。最悪です。かなり細かい破片まで同じ場所にあったのですがここで割られたということ?いつ?昨日から今朝の間に?なぜ?どのように?不思議で仕方がないのですが、とにかく粘ってかなり細かい破片を見落とさないようにして拾いました。怖いです。

今日もなんだかんだでたくさん出てきました。まだまだ多いペットボトル。以前はほとんどなかったのですが…。もしかしたらペットボトルを拾っていた人が以前はいて、いなくなったとか…!?!?その可能性もあると思いました。

ゴミが多いとなかなかお宝さがしやガラス片探しをする時間が残りません。今日も少ないです。あと、慣れてくるときれいな貝を見ても感動しなくなってしまうことがあるかもしれないと思いました。海岸清掃は大変なので楽しみ部分もしっかり楽しんでいきたいと思います。

明日もがんばるぞ~。

宗像国際環境100人会議…2019年8月23日〜25日

2019年8月23日(金)〜25日(日)に福岡県宗像市で開催された「宗像国際環境100人会議」から、2日目の8月24日(木)に開催された学生と子供たちのセッションの様子を写真でお伝えします。

九州工業大学からはビーチクリーンロボットプロジェクトと最新フィールドロボットの紹介、九州大学、長崎大学学生グループからの環境活動の紹介があり、討議を行いました。

その後の時間は海岸ビーチクリーンをするグループと竹座礁を作るグループに分かれて活動しました。

石垣島★海岸清掃日記2019年8月28日(水)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」です。毎日決まった場所、決まった時間に海岸清掃をしてみようという取り組みです。

もうすぐ夏休みも終わりですね。8月1日から始めた今回の石垣島ビーチクリーンシリーズも、そろそろ終わりに近づいています。

植物のツルにガッチリ固められたペットボトルです。いったいいつからここにあったのでしょう…?

漂着ではなく明らかにここで割られた瓶です。ビール瓶かな?あまり人が来ない場所なのと、回収用の袋を持っていないので、明日拾うことにします。

今日も、昨日一昨日と同じ側を回ったんですけど、それでもこれだけ…時間切れでもう半分は今日も回れませんでした。かなり溜まっているかも。どうしよう…。台風明けの影響をまだ片付け切れていないわけですが、台風11号のあとは、ペットボトルがやたらと多いことと、発泡スチロールが多いことを感じました。直撃だった9号のときは全然なかったんですけどね?

今日は時間がなかったのでお宝さがしがあまりできませんでした。でも見てくださいこのカッコイイ実!ヤシですか?わかりません。知っている人は教えてくださいね。

ここ数日、自宅で毎日毎日、8月1日からのゴミの仕分けをしています。そんなに多くなさそうでやってみるとなかなかの量です。改めて見てみるといろんなゴミがありました。あと数日、がんばって続けていきますよ。

石垣島★海岸清掃日記2019年8月27日(火)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」です。毎日決まった場所、決まった時間に海岸清掃をしてみようという取り組みです。

銀色の反射光が美しいです。
波打ち際にポコポコと穴が…どんな生き物が住んでいるんでしょう。

数隻の小型船が運び込まれており牽引車の轍が強烈に彫り込まれていました。
条例で禁止されている地域もありますが、石垣市では…?

こういう植物の蔓の下に入り込んでいる発泡スチロール、どうなっているんでしょうね?いつも不思議です!

今日はBC-ROBOP海岸工学会のジュニア会員2人と一緒に1時間清掃しましたが、ビーチの半分しか回れませんでした。暑すぎて危なかったです。今回の台風ではかなり多くの物が漂着しています。また、明日に持ち越しです。

台風後ちょっと漂着物に変化を感じています。ペットボトルもそうでしたが木の実も外国から来た感じのものが多いです。今日は大きなタカラガイも見つけました!割れて内部構造が見える巻貝も。発泡スチロールにしか見えない石?サンゴ?もおもしろかったです。そしてビーチで最悪のゴミ、シリカゲルのツブツブ。最悪です。

大きなカエルを見かけました。
んんん?これは特定外来生物のオオヒキガエルではありませんか?

今日持ち帰った砂をBC-ROBOP海岸工学会ジュニア会員が顕微鏡で見たところ、なんとハート型の砂粒を発見!!!いいことがありそうな気分になりますね。

台風後の海岸清掃がなかなか終わりません。続きはまた明日!

石垣島★海岸清掃日記2019年8月26日(月)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」です。毎日決まった場所、決まった時間に海岸清掃をしてみようという取り組みです。

今日は7時台の開始になりました。ギリギリOKだけど暑くなり始めそうなところです。昨日・一昨日は台風11号の影響で天気が悪く休んでいました。台風自体は台湾のほうに向かっていたのですがやっぱり風や雨が強かったです。台風明けになるのでゴミが多いんじゃないかなと思ってビーチクリーンを開始しました。

今日は珍しくペットボトルがたくさん漂着していました。外国のものが豊富に!ボトルの口のあたりに貝が張り付いています。

ポリ袋に一杯になりました。この海岸清掃を始めて以来初のことです。運びきれないのであとでまた取りに来ることにして引き上げました。

というわけで午後早めの時間に再び海岸へ…こんなに南国リゾート風の写真を掲載したのは初めて。大変爽やかな雰囲気です。炎天下の海岸に出るのはこれまで避けてきたのですが、ちょっと回収に来ただけでかなりつらく感じました。私は真昼間のビーチクリーンはできるだけやりたくないです。

大量のペットボトル!
ほとんどが外国からの漂着物です。何語なのかわからないラベルもありました。

ヒモ多数、発泡スチロール、おもちゃ、履物、初めて見る形のフロート、あとはゴチャゴチャしたごみでした。

ガラス片がたくさん見つかりました。カニの爪、タカラガイ、紫色の閉じた二枚貝はお宝です。

今日のビーチクリーンは観光で埼玉から来ている方が参加してくださっていました!大量にペットボトルがあったので一緒にやってもらえてうれしかったです。

袋がいっぱいになって取り切れなかったものがまだあったので続きは明日やります。

[書籍紹介]プラスチック・プラネット: 今、プラスチックが地球をおおっている

Amazonからのご購入はこちら
『プラスチック・プラネット: 今、プラスチックが地球をおおっている』

書名 :『プラスチック・プラネット: 今、プラスチックが地球をおおっている』
著者 : ジョージア・アムソン=ブラッドショー (Georgia Amson-Bradshaw)
翻訳 : 大山泉
発行:評論社
ISBN:9784566080508
初版年月日:2019年7月20日

どんな本?

近年関心が高まっている「プラスチックゴミ」について、かわいい絵とわかりやすい文章で教えてくれる本の日本語版が、2019年7月に出版されました。「プラスチック問題」全体の背景、「プラスチックはどのようなものなのか」「どのような解決方法があるのか」など、絵本の形の中によくまとまっている1冊です。

この本に掲載されていたキーワード

プラスチック、ベークライト、揚子江、マイクロプラスチック、太平洋ごみベルト、アホウドリ、プラスチックのリサイクル、バイオプラスチック、オーシャン・クリーンアップ、過剰漁獲、気候変動、生分解性プラスチック、食べられるプラスチック、プラスチック。オーシャン、ヘンダーソン島、ポリマー、マイクロビーズ、リサイクル、レジンペレット

関連書籍

英語版の原著はこちらです

Amazonからのご購入はこちら
Plastic Planet: How Plastic Came to Rule the World (and What You Can Do to Change It) Georgia Amson-Bradshaw 2019/4/29

_

※このページでは、一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会の広報を担当している研究広報.comより、海洋やゴミ問題に関する書籍を紹介しています。紹介している書籍の内容や信頼性については、紹介者が全責任を負うことはできません。お読みになる方ご自身で価値をご判断ください。

石垣島★海岸清掃日記2019年8月23日(金)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」です。毎日決まった場所、決まった時間に海岸清掃をしてみようという取り組みです。

また台風が近づいています。
明日のビーチクリーンはお休みかもしれません。
今日はどうにかいけそうです。

こういう、岩の隙間にはさまっているペットボトルって、どうやって入ったんでしょうか?この写真で見えている緑のフタのものはどうにか取れたのですがその奥の赤いフタのものはどうやっても取れない、それどころか手も入らず…えぇ~!?

サンゴとサンゴの間に石灰岩的なものが詰まったような何か…?これも知識のある人が見たら面白いんだろうと思います。

今日は若干ゴミサーチのセンスが働かなかったのですがそれでもやはりバケツ1杯分のゴミが集まりました。島ぞうりは沖縄海ゴミの定番です。りっぱなヤシの実の割れたものがありちょっと嬉しかったです。水泳帽とゴーグルもありました。薬のビンは商品名が見えます。そのうち海ゴミ対策としてプラスチックや瓶のボトルの販売製造者に責任がということになったら、各社、商品名などが見えなくなる工夫をするのかなあ…と商品のゴミを見るたびいつも思っています。

今日はサンゴのかけらが目立ちました。すごい模様です。スタンプにしてみたら面白いかもしれません。ガラス片もなんだかんだで見つかりました。割れて尖った貝も危ないので拾っています。今日はいい具合にドライになった木の実があったので拾っています。
いちばん左下はまだちょっと生の果肉が残っているフクギの実です。その右上は果肉がとれたものではないかと思います。違ったらごめんなさい。その下の歯みたいな形のものはアダンの実です。写真中央辺りのアーモンド形のものはモモタマナの実です。先日ヤドカリが食べているところを見ました。
小さな貝、今日はフジツボ、タカラガイ、かわいい巻貝を見つけました。実は2枚がくっついた状態のきれいな紫色の二枚貝をみっつも見つけたのですが、撮影場所に持ってくるのを忘れてしまいました。あとで写真を追加します。同じ日に同じようなものが見つかることが多いなあとやはり思いました。

明日、明後日は台風でお休みかもしれません。