石垣島★海岸清掃日記2019年8月2日(金)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」、2日目です。毎日決まった場所、決まった時間に海岸清掃をしてみようという取り組みです。昨日一通り拾ったから今日はぜんぜんなくてネタにならないかもね!と思いながらいってみました。

ところがですね…ウワ~!いっぱいありました!昨日はなかったゴミです。ペットボトルや包装はビーチで遊んだ人のものかもしれないですが、発泡スチロールなんか、昨日あれだけ取ったのに、おかしいですね。この1日で流れてきたということでしょうか。子供の砂遊び用おもちゃは忘れ物だと思います。なくしてしまって悲しい思いをしたことでしょう。

決めた区間を行って戻ることに決めていて、こちらは「戻り」、波打ち際側のほうです。ペットボトルがやはり多いですね。よくわからないごちゃごちゃした細かいプラスチック片も多いです。ロープや紐もありました。履物はどうしちゃったんでしょうねこれ…。ガラス片も拾ったので、ここで今日遊ぶ誰かのケガを防いだかもしれません。いいことをした気分!

ペットボトルは「ビーチで観光客が飲んで捨てたもの」と「流れてきたもの」の2つに分けられるかと思うのですが、今日のボトルは後者のようです。漢字で書かれているんですけど、台湾か、中国か…?知っている人は教えてください。色も褪せていて、長旅をしてきたような雰囲気です。

※海岸清掃をする人はボトルのフタを絶対開けないでください。不衛生だったり危険な液体が入っていることもあります。

今日特に気になったのはこれ!多分薬の小瓶です。医療廃棄物ですよね!?この手の海ゴミが一番危ないです。海岸清掃のときは気を付けてください。

※薬のビンや注射器などを拾うときくれぐれも注意してください。子供は触らないで大人を呼ぶようにしましょう。

今日の海岸清掃には小学生も参加していました。大きなヤドカリを見つけて大喜びしていましたよ。こんな楽しみがあるといいですね。

小さなヤドカリも砂浜の上をたくさん歩いていてまるで朝の通勤ラッシュのようでした。

今日の結果としては結局昨日と同じくらいの量のゴミを回収しました。2日でポリ袋がいっぱいになることがわかりましたよ。毎日溜め続けていこうと思います。ではまた明日。

石垣島★海岸清掃日記2019年8月1日(木)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」、初日です。海岸にはどんなゴミがあるのでしょうか?さっそくいってみたいと思います。

まず波打ち際より高いところを進みながらゴミを拾い、バケツに入れていきました。けっこう、ありますね~!ペットボトルには外国のラベルがついているようです。かなり年月が経っていそうな空き缶もありました。お弁当やアイスクリームの容器はビーチで遊んだ人が捨てて行ったものでしょう。その他よくわからない紙やテープ、劣化した発泡スチロールなど。それからプラスチック片もたくさんありました。誰かの落とし物か忘れ物のようですが、ヘアブラシ、ゴーグル、双眼鏡のフタもありました。なくした人は、困っているかもしれませんね。

次に元いた場所に戻るようにして波打ち際を歩きました。昨夜誰かが花火をしたようです。いかにも海から流れてきたという風なプラスチック片、島ぞうり、浮き、そしてペットボトルがありました。

海藻や貝がついているので、砂浜側のゴミではなさそうです。このペットボトルをじっくり観察した小学生によると、「フタのあたりに貝がついているのは、中から噴き出すことがある甘い液体を貝が飲んでいるのかもしれない」ということでした。「ペットボトルの底の形から、炭酸飲料だと思う」というコメントもありました。見ているだけでいろいろな想像ができますね。

※海岸でゴミ拾いをする人は、中身が危険な液体だと危ないので、ペットボトルや瓶のフタは開けないように気を付けてください!

さっきの花火の包装はこれだと思います。遊んでそのまま捨てて行ったんですね。持つ部分が木みたいだし放っておけば自然に還ると思ったのかもしれません!?!?誰かが片付けなければきれいにならないゴミです。燃えカスや未使用花火の火薬が良くないですね。

そんなわけで初日の海岸清掃の記録でした。1回やってみるだけでいろいろ考えさせられます。では、また明日。

「海の日 世界遺産めぐり」日韓同時清掃活動を行いました。

2019年7月15日 「海の日 世界遺産めぐり」 日韓同時清掃活動が「宗像フェス」の運営により開催されました。
この催しでは海洋を挟んだ日本と韓国・釜山で同時に海岸清掃イベントを実施し、遺産群周辺の環境保全と国際交流を行いました。一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会も参加し、ビーチクリーンロボットと市民の交流、海岸清掃を実施し、清野聡子理事長による環境講座も開催しました。

当日のスケジュール
13:00 – 14:00岸清掃活動
北斗の水くみ海浜公園の海岸清掃(釣川東岸 道の駅むなかたの裏側)

15:30 – 16:30「海の日」環境講座
海の道むなかた館 体験学習室
『海からの贈り物 ~物も人も海からやってきた~』
九州大学大学院工学研究院 環境社会部門 生態工学研究室 清野聡子 准教授

「海の日」に海岸清掃を行った市民参加者とビーチクリーンロボット。

主催者による公式情報ページはこちらです。
https://www.okinoshima-heritage.jp/news/detail/248

シーバードデイ・マリンフェスタ2019 in下関に参加しました。

2019年6月23日
シーバードデイ・マリンフェスタ2019 in下関 が、山口県下関市豊北町の角島大橋近くにある「ホテル西長門リゾート」にて開催されました。

この催しは小中高校生と家族を対象にした海に親しむイベントです。特定非営利活動法人 コバルトブルー下関ライフセービングクラブ によって主催され、さまざまな海のアクティビティを楽しめる内容となっていました。
http://cobaltblueshimonoseki.com/

ビーチクリーンロボットプロジェクトもこの催しに参加し、市民とともに海岸清掃活動を行いました。

シーバードデイ・マリンフェスタ2019 in下関【イベント紹介】
シーバードデイ・マリンフェスタ2019 in下関【ダイジェスト版】

主催者の 特定非営利活動法人 コバルトブルー下関ライフセービングクラブ によるイベントの公式情報ページはこちらです。
http://cobaltblueshimonoseki.com/