「海の日 世界遺産めぐり」日韓同時清掃活動を行いました。

2019年7月15日 「海の日 世界遺産めぐり」 日韓同時清掃活動が「宗像フェス」の運営により開催されました。
この催しでは海洋を挟んだ日本と韓国・釜山で同時に海岸清掃イベントを実施し、遺産群周辺の環境保全と国際交流を行いました。一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会も参加し、ビーチクリーンロボットと市民の交流、海岸清掃を実施し、清野聡子理事長による環境講座も開催しました。

当日のスケジュール
13:00 – 14:00岸清掃活動
北斗の水くみ海浜公園の海岸清掃(釣川東岸 道の駅むなかたの裏側)

15:30 – 16:30「海の日」環境講座
海の道むなかた館 体験学習室
『海からの贈り物 ~物も人も海からやってきた~』
九州大学大学院工学研究院 環境社会部門 生態工学研究室 清野聡子 准教授

「海の日」に海岸清掃を行った市民参加者とビーチクリーンロボット。

主催者による公式情報ページはこちらです。
https://www.okinoshima-heritage.jp/news/detail/248

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です