「川ごみ」イラストでクリーン活動を応援しています

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会(清野聡子理事長)とイラストレーター「オギノシエ」「はやのん理系漫画制作室」によるコラボレーションイラストができました!

川にあるごみを見たことがありますか?見えても、取りに行くのは難しいから、見てるだけ、そのうちなくなっていたり、いつまでも溜まっていたりする…!?

気になるけれど、実際に向き合うのがなかなか難しい「川ごみ」について、清掃活動を応援するための絵を制作しました。

川のごみは、私たちの生活の場に近いため、空き缶や食品の包装袋、生活用品など、生々しいものが多いように感じます。実際には、どんなごみがあるのでしょうか…!?今度見かけたら、じっと、観察してみてください。

自力で川に降りるのは大変危険です。「クリーンイベント」の企画や実施など、自治体等で取り組めないか、考えてみてください。BC-ROBOP海岸工学会も、川ごみクリーン活動に取り組んでいます。

福岡県立少年自然の家 「玄海の家」子ども ボランティア サークル 「タイミング」

福岡県立少年自然の家 「玄海の家」子ども ボランティア サークル 「タイミング」イベントに参加しました。前日の『スポGOMI甲子園 福岡大会』開催で海ごみ少なかったですがマイクロプラスチックごみは多く調査しました。小学生 34名参加しました。 講師は『むなかた水と緑の会』福島会長さまです。

<開催報告とお礼>2020年7月26日(日)福岡県立少年自然の家「玄海の家」子供向けビーチクリーンイベント

2020年7月26日(日)福岡県立少年自然の家「玄海の家」で子供向けビーチクリーンイベントを開催しました。
<募集記事>
https://www.bc-robop.org/2020/07/05/2020-07-26-genkainoie-oshirase/


このイベントは 日本財団「海と日本PROJECT」助成事業として開催されたものです。

当日はビーチクリーン実施の時間にちょうど雨が降り大変でしたが、多くの子供たち、ご家族のみなさんに参加していただくことができました。新型コロナウイルス感染拡大防止に留意し、ロボット教室、おしば教室では会場の窓を全開にしてプログラムを実施しました。

前日からコロナ感染拡大の中で大変なイベントでしたがRKBテレビ放送、 海と日本プロジェクト公式YouTubeに掲載してもらえました。 本当は参加された子ども達にたくさんインタビュー予定でしたがコロナ感染拡大防止の為、 3密状況避けるためテレビインタビュー余り出来ませんでした。 しかし子ども達にも大変喜んで貰えて良かったです。!!!

作成したおしばは絵はがきとして後日参加者に届けられました。


イベント終了時には、福岡県立少年自然の家「玄海の家 」子供イベント 子ども教室参加者【海のアンケート調査】を実施しました。参加者の海や海ゴミ問題への関心についての調査を行いました。

ビーチクリーン活動は雨が降ったため短時間の実施となりましたが、宗像市環境課によると回収量は「約200kg」だったそうです。ご参加くださったみなさんのおかげで宗像の海がまた、きれいになりました。本当にお疲れさまでした。

『海岸清掃 人だから出来ること機械が助てくれること 』

日時:2020/7/16日~ 2020/7/17 日
場所:7月 16 日(木) さつき松原、7 月 17 日(金) 宗像大社沖津宮遥拝所
主催:一般社団法人BC ROBOP 海岸工学会
協力:株式会社キャニコム
内容:『海岸清掃、人だから出来ること、機械が助てくれること 』 筑水キャニコムさまのご協力で「海の日」の前に海岸清掃、今回の大雨の後の漂着ゴミ海岸岩場、ゴロタ石での少人数で効率の良い「海ごみ」清掃しました。7月の北部九州豪雨こんな大災害の時代になってボランティアの市民と助けてくれる機械が一番必要です。

さつき松原海岸清掃


総合物流情報誌『海運』 2020年4月号に掲載されました

総合物流情報誌『海運』 2020年4月号に、一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会 浦環(うら・たまき)副理事長のインタビュー記事が掲載されました。
詳細は下記、KAIUN海運 公式サイトの情報をご覧ください。

インタビュー
(ビーチクリーンロボット)
“ロボットづくり”の考え方は自動運航船に応用できる
●一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会 副理事長
 東京大学 名誉教授 浦 環 氏

http://www.jseinc.org/kaiun/?fbclid=IwAR0vOXrPSTtPQe6iuPaD7n03gLZ_0v6Gu9yeniCN2QoVZGpI8F3fWHCxCYw

※中止決定[子供向けイベント告知]玄海の家・大島「ビーチクリーンロボット一緒に楽しい海岸清掃をしよう」~海から流れ寄るモノで漂流物アートをつくろう~

※2020年3月5日(木)にイベント全体を「中止」と決定しました。

※重要なお知らせ※
3月15日(日)に予定していましたイベント『玄海の家・大島「ビーチクリーンロボット一緒に楽しい海岸清掃をしよう」』は新型コロナウイルス感染症対策のため中止を決定いたしました。

3月14日(土)の日帰りイベントは開催予定でしたが、こちらも中止を決定いたしました。


Nikkei Asian Reviewに掲載されました-2020年1月6日

(2020年1月6日掲載)
一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会の取り組みについての記事が、Nikkei Asian Reviewに掲載されました。

“Garbage from other Asian countries piles up on sacred island’s shores” …アジアの他の国からの海ゴミが神聖なる島の海岸に堆積している…との見出しがつけられています。

この地域の海ゴミ問題への関心が国際的に高まることを願いながら、今後も活動を続けます。

Japan deploys robots to tackle beaches strewn with plastic waste/Nikkei Asian Review
https://asia.nikkei.com/Spotlight/Environment/Japan-deploys-robots-to-tackle-beaches-strewn-with-plastic-waste
全文を読むためには登録が必要です。

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会の英語名称は “The Institute of BC-ROBOP Coastal Engineering” としています。

2020年のお正月-宗像大社 沖津宮遙拝所参拝 そして海ゴミ

2020年になりました。一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会ホームページをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。今年もより良い一年となるよう祈念申し上げます。

新年を迎え、宗像大社 沖津宮遙拝所 を参拝しました。

沖ノ島は島そのものがご神体であり、信仰の対象であるため、一般の立ち入りは禁止されています。その、渡島できない沖ノ島を遥か遠くから拝めるよう、大島の北側の海辺に設けられたのが、「沖津宮遙拝所」です。

気象条件のよい日には、水平線上に沖ノ島の姿を見ることができます。

参拝の後、海岸まで降り、海ゴミの様子を見に行きました。

一見美しい海岸ですが、近寄ってみると、無数の漂着ゴミが打ち上げられ、そのままになっているのがわかりました。

片づけても、片づけても、押し寄せる海ゴミですが、地域、人の手で片づけて、続けていかなければなりません。海岸清掃活動の負担を減らせるような仕組みづくり、清掃活動を助けるようなビーチクリーンロボット、ドローンの開発を、今年も進めていきたいと、改めて決意しました。