7月22日『海の日』筑前大島沖津宮遥拝所清掃イベント


「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界遺産登録4周年記念日でした。宗像大社中津宮吉田権禰宜様に正式参拝してもらい代表九州大学清野先生に玉串をお供えして参加者50名で参拝しました。

一社)BC-ROBOP海岸工学会 トヨタ自動車環境活動助成イベントです。「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会「守り伝える活動」,宗像市Save the Sea活動、宗像国際環境会議のご協力です。

参加者
学生団体maiPLA、宗像フェスCSR推進実行委員会、NPO法人 live together,福岡県廃棄物管理課、九州大学、北九州大学、西南大学、福岡女子大学、福岡女学園大学、水産高校30名以上多くの学生が参加しました。
学生達の指導で海ごみ袋で漂着アート「ムナカタ」文字作成しました。
「世界遺産の守り伝える活動」次世代の若者達に引き継がれて行きます。

回収ごみも宗像市グリーンネット100枚、日本財団海ごみゼロウィーク袋50枚足りないで終了でした。

少し風が有り遥拝所から沖ノ島が綺麗に見えました、やはり見守って貰えています。
参加の皆さん猛暑の中無事終了しました大変お疲れ様でした。有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です