5月3日『獣神ビーチクリーンin宗像世界遺産の海を守ろう』ライガーさんと子ども達一緒にロボット操縦してビーチクリーン

世界遺産の「『神宿る島』宗像・沖ノ島(おきのしま)と関連遺産群」が、登録から5年を迎えます。海の環境問題について考えてもらおうと海岸の清掃活動が行われました。清掃活動のメンバーとして宗像市のさつき松原海岸に現れたのは、元プロレスラーの獣神(じゅうしん)サンダーライガーさんです。世界遺産への登録5周年と新日本プロレスの旗揚げ50周年を記念して活動に参加しました。海岸では家族連れなど約100人の市民が色んなごみを一つ一つ手で拾って専用の袋に入れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。